event 作者からの一言 過去のログ 2001/01/06 - 2001/02/22

2002/02/22

朝早くから渋谷で宣伝するくらいなら!

今週はPC不調のため、リカバリ三昧・・・
クリーンインストール後の状態でも、ブルースクリーンの連発
あれの宣伝費に掛ける金を、もっとまともな状態のものを出荷しろ!
結局XPの導入と相成りました

また引きこもりで新型の組み立てに入るので、次の更新は不定期です

2002/02/03

今週は手短に

雨風を凌げる乗り物を持っていない私は、この日曜は雨で閉じこもり
おかげの調べ物は、GSの国別仕様はどんな点か?
日本ドイツでは バッテリーが、12V-19Ah(jp):12V-14Ah(de)と違うんです (サイトのスペック上では)
(直リンクのため、私の環境では IE5.5スプリクトエラー:表示可 NN6.2表示できず でした)
USAサイトのスペックでは各所のサイズが、日本ドイツなどとも少し違うんですね〜
メトリックtoインチのためとも思えないのは見間違い?
先週もお伝えしたUSAのサイトでは、車体色をJavaで確かめられる面白い仕組みもあります

今週末は所用で更新は行えませんので、ご了承ください

2002/01/27

アギトはあれでよかったのか?

私は英語が得意じゃないんです
なのに英語圏はもとより、英語を母国語としない所からメールが来るんです
つたない英語力では意味を十分理解でず、翻訳サイトでもお手上げの文章
知り合いに頼ってばかりなのです
ど〜せ英語で不可をとった私、こんな私でも欲望が優先してHechlingen(オフロードトレーニング)に行ってこれるのです
どうぞチャレンジしてください

待ち焦がれられているR1150GS Adventure、USデリバリー予定は3月
標準の1150GSの$14,500に対して$15,200、日本ではこの価格差で収まるのか?
まあ国内配送開始となるのは少なくとも3月以降でしょう
このサイトには、そそられる壁紙もありますのでじっくりどうぞ

おまけ
今月号のBigTankMagazineでは、マツモト号のカルー&カルー2の比較記事付き
3月のBMWバイクス迄待てない方はぜひ購入を
パリダカ・リポートは、心の師Andrea MayerさんのサイトAndrea Mayerはドイツ語が読める方
三橋淳さんのサイトjun38c.comからは日本語でどうぞ
今年のインターモトIntermot ミュンヘンへの出展・見学の窓口は ジェップジャパンから出来ますが、入場券はミュンヘン中央駅でも購入できます
見学予定の方は、ガイドブックを前もって購入しておくことをお勧めします

2002/01/14

この週末都内では

特別税の徴収風景があちこちで見られましたが、皆さんは払うことなく回避できましたか?
よしともくんちで開催された、「GSを見て語ろう」は良くも悪くも正規ディーラーでは試乗出来ない車両に乗る事が出来るいい機会だったと思います
アスファルト路面とはいえ、Karooを履いた1150に試乗する機会なんて・・・ねえ

おまけ
ベルギーで開催されるGSミーティングには日本人のGS者が参加するようで、イベント内容のレポートを依頼しようと画策中です

2002/01/12

週末のイベント

(仮名)GSを見て語ろう!!(BMW)は、11:00から15:00までがコアタイムで試乗もできるそうです
詳細はイベント情報ページで確認ください

2002/01/06

本年もよろしくお願いいたします

心当たりがある人は
クラブ員某氏、クラブ内で昨年から続くミッションベアリング&ユニバーサルのトラブルの話を聞き
年明け一発目のツーリングの帰り、リアタイヤを回して見ると何やらいや〜な手ごたえが・・・
心配になって杉並に来た所に私もいたものだから、まずは私が触診・・・これは・・・
やはり大当たりでした
詳しくは細かくチェックしなければならないようですが、触診でわかる個所もあります
これらはGS系によく出る症状ですから、ロード系のベテランでは解り難い感触かも知れません
多走行でタイヤを回したときの感覚が???と感じる方は
ディーラーへ行けとは言いませんから、プロの診断をお勧めします

今年は、Twin-GS系にはちょっと寂しいパリ・ダカールですが、幾つかのサイトをご紹介しておきます

Total-Dakar 2002 日々の詳しい情報が掲載されています
Touratech AG - Arras - Madrid - Dakar 2002 TOURATECHのサイトでDakar-Rally関連満載です
DAKAR 2002 内容はともかくちょっと不思議なサイトです

No.16 1150R の LUNDMARK というちょっと興味をそそるエントランスもありますが、今年は(も)KTMが大攻勢をかけています
というわけで
私gssawadaは「BMWでのパリ・ダカール出場者」を応援しています。

ネタ元が何処か解っても黙っているように


[ GO TO HOME ]  [ 作者からの一言 ]